吐き気、嘔吐時に効くツボ

消化器が弱く、ちょっとしたことで吐き気を訴える人は少なからずいます。単純に消化器が弱いだけでなくストレスや不規則な生活などが重なって消化器症状を呈していることが多く、慢性化してしまうことが多いのです。こうなるといちいち薬を飲むのも辛いものですしかといって我慢するのも辛いのですが、そんなときに気軽に頼れる対処法があります。それは「巨闕」というツボです。

 

巨闕は、へそからちょうど指6本分ほど真上に上がったところに存在する、消化器と関わりの深いツボです。ただ消化器の働きを高めるだけでなく、特にストレスによる胃腸症状を和らげる働きが高いため、知っていると様々な局面で役立ちます。

 

吐き気を感じたときは、巨闕周辺を全体的に優しく、しかししっかりと揉み込むように押します。場所が場所ですから、垂直方向に強い力をかけてはいけません。痛まない程度の力のいれ具合をキープしましょう。

 

巨闕は全身の血流を改善する働きもあるため、胃粘膜の修復を早めるほか、肩や首の凝りの解消、冷え性などにも効果が見込めます。ストレスの多い環境で長時間働くデスクワーカーの方には特に有用なツボですので、ぜひ位置を覚えて気軽に実践してみてください。

 

胃の健康状態を底上げしてくれるため、栄養状況の改善も見込め、健康だけでなく美容にも役立ちます。また、へその周辺には消化器に関連の深いツボが他にもいくつかあるため、それらも併せて覚えておくとより効果的です。