吐き気を抑える食べ物

吐き気は食から起こることが多いため、食によって吐き気を緩和したりできることが多くあります。ただし吐き気の原因と対処法がかみ合わないと逆効果になることもあり得るため、自分に合った対処法を知ること、自己流の対処には限界があることを知り何か異変があればすぐに病院へ行くことを把握しておきましょう。

 

吐き気は胃酸不足による消化不良によっても、逆に胃酸過多によっても引き起こされます。したがって前者であれば消化促進するような飲食物、後者なら胃粘膜保護に役立つ飲食物を摂れば症状が緩和されます。

 

 

が、もし胃酸過多の状態で胃酸分泌を促進する食べ物などを食べてしまうと症状が悪化しますので十分な注意が必要です。胃酸不足ならば柑橘類や酸性の飲食物、特に梅干しなどが有効で、胃酸過多ならば乳製品が有効です。

 

また、どちらの場合も体内から水分が多く失われていることが強く推測されるため、水分補給は重要です。吐き気が現れた後は下痢になることが多く、そうでなくても体内の電解質バランスが大きく崩れることが多いため、あまり冷えすぎていないスポーツドリンクなどをゆっくりと飲むのが最適です。食欲がないときの多少の栄養補給を兼ねることもできます。

 

また、明らかに食あたりによる吐き気ならば殺菌作用のある生姜を利用した飲み物などを飲むのもおすすめです。ハチミツ生姜湯などは体調不良時の定番であり、実際に高い効果が見込めます。ただし生姜の摂りすぎは胃酸過多の場合やはり悪影響になりかねませんので、気をつけてください。