吐き気の原因

吐き気は胃腸が弱い方にとって比較的よく起こる症状であり、実際にちょっとした体調不良などによっても引き起こされるものですが、一方で重大な疾患の前駆症状・初期症状として表れることも少なからずあり、必ずしも軽視できるものではありません。まずは吐き気の主な原因について知り、その吐き気の原因が明白であるかどうかチェックする必要があります。

 

まず最もありふれた吐き気の原因として暴飲暴食があります。胃の中に急に大量の食物、特に消化の悪いものがたくさん入ってくると、すべて一時的に胃にとどめられることになりますが、胃がそれらを処理しきれないと判断すると消化を待たずになんとかこれらを排出しようと試みます。そして具体的に胃の中を開けるために起こるのが吐き気や下痢なのです。また暴飲暴食は往々にして胃酸過多の状態を作り、胃酸によって胃が荒れることでも吐き気は発生します。

 

またストレスも吐き気の原因としてよくあるものです。特に近年になりストレス性の胃炎や消化器症状の報告が急増しています。ストレスによって吐き気を催す場合はすでに消化器の状態がだいぶ悪くなっていることが推測されますので、一度病院で検査を受けることを強くおすすめします。

 

食中毒や病原菌感染も吐き気の原因として多く見られるものの一つです。特に海産物は食中毒菌の感染頻度が高く、鶏肉や鶏卵もしばしば食中毒の報告があります。これらはきちんと加熱して食べることでほぼ完全に予防することができます。食材だけでなく調理器具からの感染にも気をつけましょう。

 

吐き気のときの対策、対処法

 

吐き気が現れている真っ最中は食欲も失せ、とにかく辛いものです。そのため体力も低下してしまうので、できるだけ短期間で集中的に治してしまうようにしましょう。なかなか治らないと感じたらためらいなく病院に行ってみることも大事です。

 

まず、吐き気がある場合のほとんどは胃の体力が失われてしまっているため、そこにさらに負担をかけるようなことは避けなければなりません。特に食後2〜3時間以内など胃の中にまだ内容物がある場合は、内容物を速やかに消化しなければなりません。血流を胃に集中させるため、座ってベルトなど体を締め付けるものを緩めて安静にします。横になりたいと思うかもしれませんが、吐き気を助長したり胃酸逆流を引き起こすことがあるため座って様子を見た方がいいでしょう。どうしても横になりたい場合、右手側を下にして横になると胃の動きを妨げません。

 

そして胃薬の服用をおすすめします。市販の漢方ベースの胃薬は効果があまり強くない代わりに、胃粘膜の回復を促進したり胃の炎症を鎮めたりとどんな原因の吐き気にも改善効果を示し、胃の健康状態を底上げしてくれます。吐き気の原因がはっきりしているならば消化促進剤や制酸剤・胃酸抑制剤などの強めのお薬を使うのもありですが、間違った種類のものを使うと逆効果になりかねないため注意が必要です。

 

そして、普段の吐き気とは明らかに感じが違ったり、丸一日以上収まらないなど、おかしい点があったらすぐに病院へ行きましょう。吐き気という症状は体が出すアラートの中でも重めのものですので、自己判断で治療開始を遅らせるのは得策ではありません。

ひどすぎる偏頭痛を解消するには?

 

激しい痛みではないのですが、頻繁に頭痛に悩まされます。時には、しめつけられるような痛み、別の日にはこめかみのあたりが、ズキンズキンと痛みます。両方が、混じったような痛みの時もあります。特に普段、行かない場所へ行ったり、面識の浅い人と会った後などが、多いような気がします。

 

本当に何日も頭痛が続いたり、時には嘔吐をともなってしまうこともあります。友人にも、いわゆる頭痛もちという人はかなりいます。人によって、程度は様々かとは思います。私自身も我ながら驚くほど、その時によって、痛みの程度や状態、期間が違い困っています。

 

本当にひどい偏頭痛になってしまうと、自分では、どうしようもないので、お医者様の所へ行き、注射をして頂きます。そこまでに至らない場合には、市販の頭痛薬を服用しています。頭痛薬が効かない場合は頭痛に効くサプリもおすすめです。参考:偏頭痛に効くサプリはこれ!

 

その際、可能な状態であれば、なるべく静かにベッドなどに横になっているのがいいようです。普段、気を付けていること、こころがけていることは、とにかく首や肩などのコリをほぐすことです。

 

固まってしまう前にほぐすのがポイントです。人は知らず知らずのうちに、緊張しているものです。お医者様いわく、頭痛は緊張からくることも多いそうです。私の場合は、とにかく、ストレッチです。ほんの短時間でかまわないので、こまめにストレッチをすることです。会社なら、トイレの中で、自宅では、ヨガも取り入れたストレッチをして、身体全体や首回りをほぐします。

 

仮にですが、自宅で電子レンジを使用していて、チンとなるまでの数分間を利用して簡単なストレッチをするだけで、大分違います。コリというか、緊張感が頭痛を誘発していると考えており、そのためにこまめにストレッチをしています。

 

もし、ヨガもされる方でしたら、フローリングではなく、カーペットなど、ヨガマットではなくてもよいので、そういう環境でされるとやりやすかと思います。食べ物は、健康食品ではありませんが、ビタミンEが多く含まれているアーモンドなどをおやつ変わりに食べています。ビタミンEは血行をよくするそうです。

更新履歴